物件選びは自分の身の丈をよく考えて選ぼう

オレンジのソファ

Menu

一人暮らしの物件選び

女性一人暮らしの物件を探す場合、まず第一に気になる点はセキュリティについてではないでしょうか。

近年はセキュリティがしっかりした一人暮らし用のマンションもあり、以前に比べて、選択肢は広がってきているように思われます。


また、公共交通機関を利用する場合、その道のりも重要な要素なのではないでしょうか。

通勤通学路が非常に暗かったり、危険と思われる箇所がある場合、たとえいい物件があるとしても、躊躇してしまいますよね。

夜間であっても、ある程度の明るさが確保されている場所だと安心できますね。


次に重要な要素であるのが、スーパー、コンビニなどの店舗が近隣にあるかという点ではないでしょうか。

通勤通学路の途中にそのような店舗があれば、利便性もアップ、時間短縮にもなりますし、それは非常に理想的ですよね。


以上のような点をクリアしている物件があれば、是非と思う所ですが、家賃がどれほどかも、物件選びの際に重要なポイントとなることでしょう。

家賃は継続して支払って行かなければならないものなので、たとえ物件がよくとも、自分の身の丈をよく考えて決定しなければなりませんね。

もし、どうしても気に入った物件があるが家賃が、と思う物件があれば、思い切って不動産か大家さんに値切ってもらえないか尋ねてみるのも手かもしれません。


もし希望が叶えば、これほどラッキーな事はありませんし、ダメな場合でもそれ相応の物件を紹介してもらえる可能性があります。

京都市内での一人暮らし

わたしは、大学3年生の頃から3年間、京都市内で一人暮らしをしています。
初めての一人暮らしでしたので、どの地域が治安が良く、交通の便がよく、過ごしやすく、またどんな不動屋さんが良いのが全くわかりませんでしたので、大学の先輩にお聞きしました。
やはり、どの先輩もおっしゃっていたことは、京都市内なら、北に住む方がよいということ、また部屋にかんしては、南向きを選び、壁が厚く、隣の家の音は聞こえない方がよいと、これらの条件を満たしている条件にした方がよいと教えてくださいました。
それと、また別の先輩がおっしゃっていたことは、ごみの収集の制度が充実しており、いつどの時間でも何をごみに出しても良いとうマンション、アパートがよいとのことでした。

わたしは、その先輩方からの教えを、不動産会社のエリッツに頼んで、部屋を探していただきました。やはりこれらの条件を満たすとなると、それなりのお家賃が必要になってきますが(お家賃は月共益費混みで7万円ほど)1kで、今は満足した部屋に住めています。
わたしの一人暮らしの部屋には、ロフトがついており、初めてきた友人などには驚かれます。やはり、少し見栄をはりたい、治安面でもよいところに住みたいとなると、それなりのお家賃わ支払わなければならないということです。

大阪に住むことが決まった方は物件探しをすることでしょう。普通にアパートを探すという手もありますが、シェアハウスという選択肢もあります。最近そういった方がシェアハウスを選ぶケースが増えてきています。なぜならシェアハウスの家賃は安いからです。同居人と家賃もシェアすることになるので、普通に1人暮らしするよりも格安で住居を手に入れることができるのです。

New Article

TOP